サーボ式リベッティングマシン

世界に先駆けて開発したオートリベッティング機能を搭載

コンピューター制御による品質管理と不具合防止を実現

2703-20KN

特長

✔ 電動式によるコンピューター制御

✔ オートリベッティング機能を実現⇒オートメーションリベッティング機能 (オートリベッティング機能とは、コンピューター制御によるカシメ管理技術を自動化することで高精度な技術を実現、同時にカシメ結果を全数検査して記録保存し不具合を防止する機能をいいます)

✔ 自動保存機能(トレーサビリティ対策)で加工結果データを保存

✔ 合否判定機能は全数検査を実施、異常の見落としを防止

✔ 数値制御によって熟練技術の加工が可能

✔ 設定条件を登録することで治具側の調節が不要

✔ 制御プログラム(※1)はお客様の設備仕様や製品に合わせて設定できます

(※1)制御プログラムの記憶は100機種のデータを保存可能です

✔ made in Japanの高品質と信頼性

本機は電動式になったことで、従来の空圧式リベッティングマシンにはなかったオートリベッティング機能が追加された。これは常にカシメ結果を全数検査することによって、カシメの不具合を検知し、カシメの異常を見逃さない仕組みになっている。

またこれまで熟練の管理技術が必要であった、ストローク、カシメ速度、荷重管理、回転数などの設定もオートリベッティング機能が数値制御することによって、誰でも簡単に操作設定することが可能となった。従来は設定条件が変われば、治具側の調節が必要であったが設定を登録することによって、瞬時に呼び出すことができ段取りの時間を大幅に短縮することが可能となった。

設置環境においては、従来必要であったコンプレッサーや油圧ポンプなどの付帯設備が不要となったことで設置場所もコンパクトになった。動作音もとても静かなので省エネでクリーンな作業環境を整えることができるといえる。エネルギー消費はオートリベッティング機能を搭載したことで、従来製品よりも無駄な動きを抑え電力消費削減につながるといえる。

検査方法(合否判定方法)

電動だからできる合否判定機能は、全数検査を行います。 「接触判定」はリベットの長さを検査します。 「カシメ寸法判定」は下降端を管理します。 「エリア判定」は荷重の状態を連続して検査します。
image
ストロークと荷重管理の組合せで異常を見逃す事はありません。 カシメ結果は本体に30日分(1日20000件まで)自動保存します。

windows用サポートツール

clip_image002

1. サンプリング結果がその場で確認できます。 2. 実測値や履歴、設定情報などのデータをパソコンへ保存します(ascii出力対応)

3つのユニットに分離可能

3つのユニットに分離できますので、御社の装置へ組み込みが可能です。

主な仕様

MODEL 2703-20KN 2703-30KN
カシメ能力の目安(軟鋼) φ 14 18
加圧力 kN max.20 max.30
オープンハイト mm 200 200
アプローチ速度 mm/s max80 max80
ストローク mm 10-100 10-100
分解能 mm 0.01 0.01
電源 3φ3W AC200V 3φ3W AC200V
回転数 rpm max.3000 max.3000
本体重量 kg 240 300
本体寸法 w d h 360 x 580 x 1076 360 x 663 x 1294
CAD データ 2703-20KN.dxf 2703-30KN.dxf
CADデータ一覧 カタログダウンロード 

加圧力は5kNから50kNまでカスタマイズ可能です。

『 中小企業等経営強化法 』の支援を受ける方は、経営力向上設備等に係る仕様等証明書を発行します。ご相談ください。